ED薬の正しい服用方法

2019年10月09日
話しているカップル

ED治療薬を飲んでも効かないという人の大半が、薬の飲み方を間違えていると言われています。
世界初のED薬バイアグラの場合は、完全な空腹時に飲まないと効果が薄れてしまう可能性があります。
他の薬は比較的食事の影響を受けにくいように改良されていますが、バイアグラは食事の影響をもろに受けてしまいます。
どうしても食事をとる必要がある場合には、食事をする20~40分前か、食後2時間以上空けてから飲むことが説明されていますが、その際の食事は、脂っこいものを食べないのが前提です。
なるべく野菜中心のさっぱりしたメニューを選ぶようにして、高脂質高カロリーな食事は控えるようにします。
食後に飲むよりは、食前に飲んで体に吸収させてしまった方が効果が薄れにくいです。
ED薬を使う時に胃に食べ物があると、薬の成分が吸収されるのを阻害してしまいます。
脂っこい食事をとった時に特に効果があらわれにくくなる理由は、胃壁や腸壁に油膜ができているからです。
脂っこい食事をとった後に消化不良を起こしやすくなることがありますが、あれも胃や腸に油膜ができて、飲食物の吸収が阻害されてしまうからです。
ED薬を飲んだ時も例外ではなく、油膜があれば吸収が阻害されて、そのまま体外に排出されてしまいます。
すると飲んでも効果がなかったということになってしまいます。
脂っこい食事をした後だと、4~5時間経っても油膜がかかったままで、薬の吸収効率が悪くなっている可能性があります。
できるだけ脂っこい食事を控えて服用すること、と注意されているのはこのためです。
どうしてもお腹が減ってしまうという場合には、空腹時にバイアグラを飲んで体に吸収させてから、あっさりめの食事でお腹を満たすようにしましょう。

関連記事
ED薬は自分に合ったタイミングで服用することが大事

ED薬は食事の影響を受けやすいので、自分に合ったタイミングで服用することが大切です。もしくは、自分に合ったED薬に切り替えるという方法もあります。まず自分に合ったタイミングというのは、余裕を持って性行為を行いたいのならば、バイアグラならば性行為の1時間前には飲んで準備しておくということです。また、食...

2019年09月20日
新潟で空腹を気にすることなくED薬服用

新潟には、さまざまな理由によるEDに悩まされている人は少なくありませんが、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足などによるものであれば、生活習慣を見直すことで改善することが出来ます。しかし規則正しい生活を送っても改善できなかったり、加齢が原因によるものなら、バイアグラなどのED薬を使って、若い頃のような正常...

2019年10月24日