• ホーム
  • ED薬は自分に合ったタイミングで服用することが大事

ED薬は自分に合ったタイミングで服用することが大事

2019年09月20日
考えている男性

ED薬は食事の影響を受けやすいので、自分に合ったタイミングで服用することが大切です。
もしくは、自分に合ったED薬に切り替えるという方法もあります。
まず自分に合ったタイミングというのは、余裕を持って性行為を行いたいのならば、バイアグラならば性行為の1時間前には飲んで準備しておくということです。
また、食事付きのデートで後で性行為をするというのならば、食事の30~40分前に飲んでおいて、あっさりめの食事で済ませるようにしても良いです。
ED薬を服用するタイミングだけにとらわれていては、せっかくの時間が台無しになってしまいますから、自分の都合に合ったタイミングで服用するようにしましょう。
もう一つの自分に合ったED薬を使うという方法ですが、これには食事の影響を受けにくい薬に切り替える方法があります。
バイアグラは服用タイミングに左右されがちな薬ですが、第三のED薬と呼ばれているシアリスは、食事の影響を受けにくい薬です。
バイアグラは基本的に空腹時に飲まないと効果が出ませんが、シアリスは800kcalまでの食事ならばいつ飲んでも効き目はさほど変わりません。
しかも、効果の持続時間が1日半と、バイアグラの約6倍ほど持続します。
これならば、飲むタイミングを逃して慌てる必要もありません。
早めに飲んでおいても、ゆっくりと性行為に臨むことができるからです。
シアリスの欠点は、症状の重いEDには効き目がない場合がある、というところです。
また、飲んでから効果があらわれるまでに3時間程度かかることもあります。
どんな薬にも、メリットもあればデメリットもあります。
自分に合った治療薬を使い、自分に合ったタイミングで服用することが大切です。
もし買って失敗をしたくないという場合は、カマグラやタダシップといったそれぞれのジェネリック医薬品を試してみるとコストを抑えることができます。
購入の前には、きっちり下調べをするようにしましょう。

関連記事
新潟で空腹を気にすることなくED薬服用

新潟には、さまざまな理由によるEDに悩まされている人は少なくありませんが、ストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足などによるものであれば、生活習慣を見直すことで改善することが出来ます。しかし規則正しい生活を送っても改善できなかったり、加齢が原因によるものなら、バイアグラなどのED薬を使って、若い頃のような正常...

2019年10月24日
ED薬の正しい服用方法

ED治療薬を飲んでも効かないという人の大半が、薬の飲み方を間違えていると言われています。世界初のED薬バイアグラの場合は、完全な空腹時に飲まないと効果が薄れてしまう可能性があります。他の薬は比較的食事の影響を受けにくいように改良されていますが、バイアグラは食事の影響をもろに受けてしまいます。どうして...

2019年10月09日